HOME > インフォメーション

インフォメーション

<< 前のページへ | 次のページへ >>
2013/06/11

LMYC第3回ポイントレース 第1レース優勝しました。

6月9日に開催されましたLMYC第3回ポイントレースの結果は、第1レースは優勝、第2レースは6位、年間成績は1ポイント差で2位に浮上しました。7〜8ノットの微風と良いコンディションで、第1レースは優勝。しかし、第2レースは、潮に押されて痛恨のマーク接触!残念ながら6位と順位を下げました。来月の全日本ミドルボート選手権に向けて、クルー一丸となって頑張ります!

2013/05/27

第27回エリカカップ 昨年に引き続き、Aクラス優勝・総合準優勝でした!

第27回エリカカップは、昨年に引き続き、Aクラスでは優勝、総合では準優勝という素晴らしい成績を残す事ができました。ミドルボート選手権に向けて練習を重ねていますが、様々なコンディションでも安定して好成績を残せるようになってきました。これからも頑張ります。

2013/05/21

LMYC第2回ポイントレースの考察。(第一レース2位 第二レース3位)

シーファルコンズ 各位殿


小島です

昨日はお疲れ様でした。記憶のあるうちに気づいた点書き連ねてみます。

忌憚のないご意見お願いします。

メンバーはバウ:浅山、マスト:トモ ピット:奥村 トリマー:千田、岡谷 メイン:奥井オーナー ヘルムス:丹羽 タクティクス:小島の布陣

第1R:上サイド下上の4レグ 140度1マイル スタートラインイーブン 風速12〜14kt パネルメインにヘビーの組あわせ 上集団の下からジャストスタ-ト。

1上はGUST(以下G)パラフレニアン(以下P) シーファルコン(以下SF) スパーキーレーシングイ(以下SP)

の順に回航、先日の練習の成果ですね、ホイストもそつなく決め先行艇を追っかけます。SPが3枚張りで上突破。。。速い!!

何とか下でPをとらえ3番手回航、左海面を使いフィニッシュを目指します。途中Pとミート、
よけるのを失敗する場面もありましたが何とかP、SPを秒差で追っかけフィニッシュを目指します。

ラインへのアプローチが明暗を分け修正2位に浮上

第2R上下上下上 ヘビーで頑張ります。140度1.1マイル 若干下有利、下から大きい順にG,P、SFの順にスタート。風速14〜17kt

左からブローが入る展開となり左1本、浅目に返したつもりがポートのレイラインでしたね。ポールセットの余裕ないまま上回航、G,P,SF,SPの順

スピンセットに少してこずりましたね。
Pのインでジャイブに成功、下マークで先行できました。

SPは相変わらず一人旅、Gがスピン回収できず流される間にトップ回航。かっこいいなぁ〜。。。

またもやSF,G,SPの三つ巴の展開となりました。

フレとブローを上手につかみ一時は2艇に先行するもののポートタックから長めのスターボアプローチ。やっちまったオーバーセール。エステシャンの凡ミスでした。

2上はSP,G,SF。結果ちょうちん。。。ミス2連発でした。

最終レグは初めての右海面へばくち。。。  一時は大ブレの気配にぬか喜び、タックを返したのちは元に戻り着順変わらず修正も3位

ヘビーの風でワンミスで順位が変わるデッドヒートに参加出来たことは収穫でしたね。

気の抜けない楽しい1日でした。完璧なレースコースを演出していただいたコミッティーに感謝です。

今日のポイントはクルー一丸の決死のハイクアウト。できたかな岡ちゃん。。。

次回エリカです。

2013/05/17

LMYC第1回ポイントレースの考察。(第一レース5位 第二レース4位)

◆結果と写真はhttp://www.lmyc.jp/にアップされてます。

4/21 やっと今年のオープニングレースを迎えることが出来ましたね。
先日中止となった三河湾周遊の時ほどではないものの季節外れの寒気の影響でまた北
西30ktオーバーを危惧する海象となり、各艇今日も中止??といった雰囲気での幕開けとなりました。
そんな中でも奥田さん率いるLMYCコミッティーズの的確な海象判断で予定通り2レー
スを行うことが出来ました。
シーファルコンは総勢9名といういつになく??恵まれたメンバー構成(IRCだっ
たら体重オーバーでしたね。。。)
バウ:千田 マスト:浅山 ピット:奥村 トリマー:青井、岡谷 メイン:奥井
オーナー ヘルムス:丹羽
フローター:園部 タクティシャン:小島の布陣。
 第1レース 310° 1マイル 風速20kt平均 上サイド下上の4レグ 1ポンNO.3
でスタートラインほぼイーブンの中、上に集まる艇団の下よりからほぼジャストス
タート、下にいたペルシェがリコールして戻る中、パラフレに上突破され苦しい展開となりました。
オーバーヒールとリーウエイを止められず同型艇(マストは短いが。。)のNARUMIに
も走り負けてた(課題1)
一上は6位くらいだったかな。。小型艇の後塵を拝す展開。上サイド下は強風でもあ
りほとんどの艇がスピンを断念。ジブでの走り比べとなり順位にあまり変化なし。
この間北に20°程シフト、次の上りはスターボロングの様相。下マーク回航前に即
タックの準備をコールし後続艇をかわしつつ左に下先行し振れ戻りを待つ展開。
結果的に風は西に振れ戻りポートアプローチでゲイン。NARUMIに追いつきFINISH。修
正で何とか逆転、5位まで持ち直しました。
課題1.リーフしたもののメインが深くクローズがつらかった。本チャン用のセール
を温存し、一番古いブラックセールをあげたからかな。。。
ケブラーのパネルメイン同様にリーフロープをメインシートブロックの間でとったけ
ど結果的に引ききれず浅くできなかった。と丹羽さんの指摘。
FINISH後即修正した。この際メインを下しついでに休憩。スタート10分前にホイスト
しようとしたがなかなか上がらない。
5分前ぎりぎりまでかかってしまいスタート前のマニューバリングの選択肢を狭めて
しまった。
(課題2 ジブハリ含め合宿時要点検)
第2レース 330° 1マイル位だったかな。。 風速25kt平均 上下上下上の5レ
グ。今度は風軸がかなり北に振れ、右海面の岸よりの波と風の穏やかなコースの誘惑にかられたものの、スタートラインは下10°ほど有利。コミッティーは上手にタクティシャンを悩ませてくれました。
真ん中の上よりから行くか。と丹羽スキッパーと会話。どうも艇速上がらず高さも取
れずで最後は下一狙いに変更、上のブーを引き連れいいスタートが切れました。
下にいたNARUMIは上りきれず、スタート1分前からかなり下ブレしたみたい。ブーが
しつこくなかなか左に返せない展開でしたが今度は小型艇を振り切って
1上回航。2レグは上下のランニングでしたから初顔合わせのクルーワークの中スピン
あげてみました。バウチーム上手でしたね。ホイストも早く安心感がありました。
アフターガイ、フォアガイのコントロールもよくトップ回航のパラがブローチングす
る中だいぶ追いつく展開。
ポールを下げ気味に、前気味にトリムしてきれいに走ったつもりがスパーキーが上か
らカットんでぶち抜いていきました。
風軸変わらず2上もポートロング。スパーキーを追走するもやはりリーウエイして離
される。
リーフポイント後ろにしてメインセールをフラットにできるようにしたもののクロー
ズの安定感がなくバタバタ。
課題3:ヘルムスマンは上りすぎを意識しつつ、ヒールさせない!落とされない!船
を止めない!矛盾したぎりぎりのステアリングを試みます。
メイントリマーはそれに合わせセールは基本キープフラットにして引き込む。でも
オーバーヒールには的確に対処。艇速を止めない。
残りのクルーは全体重を船の一番外側に集中させひたすらハイクアウト!!ちょこん
と座ってちゃダメだじょOちゃん!!
といった高度なコンビネーションが要求されます。もっともっと練習しなきゃ。。。
でもどこかで勘とコツを得られるはずです。
課題4:もともと軽風の琵琶湖スペシャルのリグ。ワンポンしてもまだきつい。。。
トラベラーとファインチューンの艤装見直し要かな。。
フルメインで15kt位の風だったら同じ傾向になる。メインシートトリマーきついです
よ。筋トレだけでなく艤装でカバーが必要です。
2度目の上下は風速が上がる中、みなスピンを躊躇。トリマーからホイストコールあ
りましたがタクティシャンはコンビネーション不足を言い訳に却下。
合宿以降は過激に攻めますよ!勝ちに行きますよ!ということで結果は4位。じたば
たし、課題をあぶりだした第1戦でしたね。皆さんお疲れ様でした。

2012/11/28

第37回東海チャンピオンシップ結果報告

先日、ラグナマリーナ蒲郡で開催されました
第37回東海チャンピオンシップに出場いたしました。

レースは、暴風雨の時から風が無い時まで、様々な天候の3日間でした。

残念ながら結果は、7位でした。

詳細 写真等は、下記HPでご覧ください。
http://www.tosc.jp/


しかしこのレースで、来年への課題もはっきりとしましたので、
体制を立て直し、良い結果へ結び付けたいと決意を新たに
致しております。

また来年もご声援よろしくお願いいたします。

<< 前のページへ | 次のページへ >>
▲TOP